「しかも実際には姿や自然の姿の実体をもたず、すべてありのままの姿は目で見ることはできず、定まった形のない姿であり、姿のある体である人々の体の姿もまたこれと同じです」(法華経)