戦後悲しい現実がありました。そして探すべき事がありました。何を探していたのだったでしょうか。真実でした。それは何だったでしょうか。どうして戦争などしたのだったでしょうか。歴史的背景を調べなくてはなりませんでした。明治以降、何があったのだったでしょうか。どうしてあのような戦争をしたのだったでしょうね。それを理解しなければならなかったのでした。そして戦後70年、パールハーバーに関する報告書も開示されました。フーバーノートが注目されています。そして謎が解かれたのでした。何だったのでしょうね。それが人類の歴史でした。いつまでも同じ過ちを繰り返す必要はないでしょう。マヤの文明が一巡しました。太陽系が一列に整列しました。フェルマーの最終定理も解かれています。そして21世紀です。新しい時代が始まっています。いつまでも戦争ではないのです。フロンガスによってオゾン層が破壊されています。地球温暖化の現象が進行しています。新しい時代のパラダイムが当然、必要となっています。恐竜の時代がありました。2億年の平穏な草食恐竜の時代がありました。しかし、チラノザウルスが現れて恐怖の時代となりました。そして隕石が激突するのです。人類の時代となって、いつまでも戦争をしているならば、同じ轍を踏むでしょうね。考えるべき頃です。愛と自由と平和で人類としての時代を切り開くことにしましょう。そうすれば、大自然が守護します。それが仏法でした。大乗仏教は今、日本にしかありません。気づく頃です。真実開示です。証明もあります。大丈夫です。黄泉との約束があります。それは取りつけています。