この人生に求めていたものは何だったでしょうか。幸せでした。何を以て幸せとするのだったでしょうか。それぞれのことであるでしょう。見える世界と見えない世界があって、どちらも真実でした。どのようにして幸せはあるのだったでしょうか。その要件は何だったでしょうね。やがて明らかになります。そして幸せを定義するのでした。生まれて善かったって思えるかどうかです。過去からの約束です。