天の守護というものはあるのだったでしょうか。あるとして、それを取り付ける方法は何だったでしょうか。そしてそれってどのようなことになるのだったでしょうか。その要件は何でしょうか。要件は、知性であり、修行であり、その結果、心身清浄となることです。結果、大風及び雷を制御することになります。『風神雷神図』は真実だったのです。知る人は知っています。あるいは感じています。知らない人は否定します。一切、認めようとしません。自分にとって、都合が悪いからです。しかし、真実は真実です。大安心して、従うしかありません。