道元禅師の修業方法は何だったでしょうか。只管打坐及び貧学道でした。本来日本とはそういう国でした。旧約聖書に於いて、ソドムの市はいつか鉄槌が下ります。気づく頃です。過去からの罪を大宇宙に謝り払拭して、身心清浄となって大自然の受容及び祝福を取り付けることができると、大自然の守護を得て安穏な日々を取り付けることができるのでした。それが「衆生功尽きて大火に焼かるると見る時も我が此の土は安穏にして……」と法華経に認められているのでした。気づく頃です。それは昔より伝えられていたのです。日本に。