戦って払拭するべきは過去より持ち来っていた己の悪だった。そして他の一切をゆるし救うのである。己の利益のために何をしていたのだったろうか。大反省の時節となった。既に季節が失われている。秋に蝶が飛び、オタマジャクシが泳ぐ。台風は超巨大化した。あと100年で地上に住めなくなるというホーキング博士からの警告がある。気づくべきである。救いはある、と。己の悪と戦うのである。他者を救うのである。やがて大自然に祝福されるだろう。真実が明らかとなった。私たちはその為に生まれていたのである。これより地上の楽園を建設する時節となった。それは日本から始まる。それも約束だった。