大航海時代となって、インドの胡椒を求めて船出しました。ヨーロッパからの陸路が遮断されていたからでした。そしてアメリカ大陸を発見しました。プロテスタントが新大陸へ移住しました。ゴールドラッシュがありました。歓迎されたのにもかかわらずインカ帝国を滅ぼしたのは金に目がくらんだからでした。そしてあたかも経済と軍事で呪われたかのようです。そろそろ気づく頃です。このままでは人類として滅びます。2億年続いた恐竜の平和な時代はチラノザウルスが現れて滅びました。原因は巨大隕石の激突によって地軸が傾き、氷河期となったことでした。私たちは神の似姿としての人間です。いつまでも阿修羅ではないのです。本来の人間として目覚め、愛と自由と平和を実現することができると、大自然も祝福します。そして生命体としての楽園を築くことができるのです。そろそろ気づくころです。警鐘が大自然の猛威として鳴っています。肉欲を謳歌していたソドムの市は大自然からの鉄槌が下って滅びました。そろそろ気づく頃です。人類としての進化に。いつまでも茶色い戦争ではないのです。サタンも救われたいと思っています。彼らにも救いがあります。それが日本です。気づく頃です。バベルの塔は立たない約束であることに。