何を探していたのだったでしょうか。究極の真実でした。高校の頃には進学校であるにもかかわらず、種田山頭火の本を小脇に抱えて通学していました。何かを探していたからでした。ここに来て、それが見つかりました。そして確定したのです。あらゆる大証明がありました。これで大安心です。